読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

別宅生活・2泊目

今週の月曜、夫は2回目となる別宅での宿泊をした。土曜日に買ったテレビを持って行った。ニトリからテーブルが届くのもこの日の夜だったそうで、計画的な宿泊であった。しかし私は当日の朝まで知らなかったので、普通に炊飯器のセットをして家を出たのであるが、夫は「今日ははなれ(別宅)だよ」と言うのだ。私は、「なら、ごはんのセットをしているときに言ってよ」と言った。多く言ったところで私が不利になるばかりだということはよーく学んだので、夫が「俺のことを考えてくれていたんだね。じゃあはなれは明日にするよ」と言い出したが、私はそれは拒否した。だって、夫は今日は別宅に泊まるつもりだったのだから。おそらく、テーブルが届くとわかった時点、おそらく数日前だろうが、そのときから今日は別宅に泊まるつもりだったわけだ。それを、当日の朝に変更となったら、夫はきっとあとになって、私によって予定を変更せざるを得なかった、と考えることになる。自分から提案したことであっても、こうなるのである。私はその辺ももうよくわかっている。だから、夫には別宅へ行ってもらった。そうして夕飯の支度が不要になり、空いた夜の時間は、ネイルサロンと外食に充てた。楽しく過ごさなければ。

そうして昨日、別宅へ一泊した夫は家に帰ってきた。別宅での話も、仕事であった話も、夫からしてきた。私からは、余計な質問はしない。それを、改めて心に留めていた。別宅のほうがよい、となってしまったら困るが、別宅でひとり暮らしごっこをすることに満足してもらわなければ、我々に夫婦としての先はないのだ。だから、別宅をこき下ろすのは絶対にいけない。どちらがいいかとか、そんな質問を戯れにするようなこともいけない。私は淡々と、干渉せず、楽しく過ごすこと。楽しく過ごしていることを、夫に感じてもらうこと。それが目指すところである。

今朝もいつもどおりの機嫌で、夫はそれなりによく喋りながらの通勤であったが、ひとつ気になったのは、目的の駅について改札に向かいながら、「気分が落ち込んでいる」と言ったことである。極めて軽く放たれた一言だったが、こういうのは私としては見逃せない。なぜなら、私に関係するものが気分の落ち込みの原因と思われては困るからである。夫自身は、なぜ自分の気分が落ち込んでいるのかわからないようだった。「昨日疲れたからかな」と言っていたので、私はそれにかぶせた。「そうかもしれないね、昨日は日帰り出張だったし。帰りにビールとお弁当をつまんだなんて、珍しいよね。それくらい疲れていたのかもね」。そうであってほしい。
それに対し夫は、「ああ、そうかもしれない」と言った。だが、その気分の落ち込みについて、原因の追求をそこで終えるようなタイプではない。おそらく、その後もなにが原因として考えられるか熟考に熟考を重ねている可能性が高いだろう。していてほしくないが、それが現実なのである。
それにしても、気分が落ち込むとは……気になるが、私は私。私は私で楽しく過ごしているのが何より正解に近いのもわかっているのだ。