読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

出張三日目

独り言

今週は、月曜から金曜まで夫が出張で不在である。先週末の仕事のミスをなんとなく引きずり、会社に行きたくない気分の私は、いつになくだらけている。その証拠に、月曜は欠勤、以降本日水曜日に至るまで遅刻続きである。体調不良を理由にしていたら、確かに体調が悪いような気がしてきていて、頭痛薬が手放せない。カロリーも過剰摂取してしまっているし、(おそらく)食べ過ぎにより胃の調子もあまりよくないし、不調と言えば不調である。
伸びかけの髪の処理もうまくできず、いまいち決まらない髪型とメイク。治ったと思っていたはずのニキビが再び赤みを帯びて炎症を起こしたようになったことで、憂鬱さを助長する。ああ、肌がきれいになりたい。痩せたい。二の腕やウエストを気にせずに服を選びたい。短い首が伸びたらいいのに。一ヶ月くらいで髪が胸まで伸びたらな。無理なことばかりだ。

脚本もほぼ手付かずで、小説のプロットすら練れていないが、私が人から褒められた経験がある創作に関しては、今、優先順位を高めに設定して取り組まなければならないものだと認識している。なぜなら、自己肯定感がものすごく低いから。ただ、書けば、楽しいし、自分を肯定できると思う。

出張中の夫からのLINEは、二言三言。以前は「おやすみ」かおやすみスタンプだけだった。当時はそれでもうれしかった。
でも、それよりもっと前のように、今は、その日あったことや思ったことを付け加えたメッセージを送ってくれて、うれしい。昨日は、写真を送ってくれた。現地の有名な観光名所のものだ。私は行ったことのない場所だが、テレビで何度も見たことがある。そんな場所を、見たことのない角度から、無造作に撮った夫の写真には、それが本当にその街にあるのだという生々しさが滲んでいた。

今夜は、出張三日目。昨日までと違い、私は友達と会う約束がある。中学・高校時代からの女友達。卒業して10年以上経ったいまでも、こうして気軽に食事に行けるのはとてもうれしい。早く会って話したい。でも、あまり遅くならないようにしなければ、自宅最寄り駅まで乗換なしで帰れる電車がなくなってしまう。それに間に合う程度の時間で、切り上げよう。
今夜楽しく過ごしたら、明日は遅刻しないで会社に行きたい。翌朝には、気が変わっているかもしれないけれど。