読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

本音

私が夫の態度に明確な変化を感じ出してから、約半月が経った。

一昨日の夜、ホルモンバランスの乱れからか、別宅暮らしが始まることの話題で泣き出してしまったことがあった。深夜2時までふたりとも起きていることとなったのだが、そのときも夫は私を咎めずに話に付き合ってくれた。「眠いし、面倒くさいと思うなら無理してかまわなくていいから」と言う私に、「必要なことだと思うから、自分からこうしているんだよ」。
次の日も夫は態度を変えずに接してくれた。帰ってきてからも、だ。

思い返せばその話題のなかで、夫は「(新しい暮らしを楽しみにするような)そういう気持ちでもなくなってきてるんだよなあ」と言っていた。「すでに寂しい」とも。夫の口から、私と離れることで寂しいだなんて、本当に、思ってもなかった展開である。

私は夫に、「ひとりの生活のほうが良くなってしまったらと思うと不安だ」とか、「またいつか前のような冷たい態度に戻ってしまうのではないかと、優しくされても喜べない」とか、本音をつい打ち明けてしまった。夫は、「そんなことはないと思う」と言ったが、どうだろう。私はわからない。夫がひとり暮らしの気楽さ、通勤の楽さなどから、私との生活を比較してどう思うのか、怖い。
夫はただ、「悲しいこと考えないでいいよ。この家もとても大切だよ」、「以前は余裕がなかった。冷たい態度をとってごめんよ。もうあんな態度をとることはないよ」と優しく言ってくれた。

そう、夫はとても優しくなった。
付き合っていたころ、結婚したばかりのころに戻ったかのようだ。結婚後しばらくして冷たい態度に変わってしまって数ヶ月は、「これが本当の夫で、以前の優しかった夫は、無理して作っていたものだったのかも」と思っていたが、やっぱり、夫はこういう人なのだと思うと少しホッとする。私はこんな夫が好きだったのだから。
歩くときも、手をきちんと握ってくれる。寝る前のキスも、ちゃんと表情がある。表情も言葉もやわらかい。私は、今の夫が大好きだ。安心はまだ、していないけれど。

夫が別宅暮らしを本格的に始めるのは、いよいよ来週から。どう変わっていくのだろう。私も、夫も。
夫が言うように、「今後ふたりで暮らしていくためのきっといい結果につながる」のなら、会えない時間が増えてもお互いを思いやれ、お互いの大切さに気づき、いい感情が生まれる機械になるのだろうか?
もしも夫の別宅に反対したとして、夫と過ごす時間はこれまで通り維持できたとしても、お互いの関係が悪化するのなら、一緒の時間が多いからと言って良いわけではない。でも、さみしい。さみしいな。