読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

別宅の目処が立っていた

夫は、別宅となる部屋を見つけてきていた。昨夜、ベッドに入ってから聞いた話だ。
夫が別宅を持つことについて、私が賛成したことで、夫は心が軽くなっているようだ。ひとり暮らしが楽しみな様子で、見つけた部屋の詳細と、カーテンの色について話していた。部屋は勤務先まで歩いて10分程度の場所にあり、通勤はかなり楽になるだろう。6畳のワンルーム。家具家電は、学生時代のひとりぐらし時に使用していたものを流用するらしい。実家にとってあるのだそうだ。

とても楽しみでわくわくしているのは伝わってくるのだけれど、私はなぜか悲しくない。夫が、「君と過ごす時間がすごく大切に思えてきた」と言ってくれたからかもしれない。まだ別宅に暮らしてもいないのに、「遊びに来てもいいよ」、「電話したら出てくれる?」などと言ってくる。離れることは寂しいことだ、とも言っていた。「寂しいと感じたことがない」と言っていたので、「寂しい」という言葉が夫の口から出てくるのはかなりインパクトのあることなのであるが、最近になって私が立てた仮説は、「夫は寂しさを感じない人間ではない」ということだ。

母親に電話するのも、実家に帰るのも、少なからず寂しいという感情がそこにある気がする。今となってはなくなった、私への出張先からの電話もそうである。

夫は、「一緒に通勤することもなくなるんだとおもったら、今朝の通勤中ずっと勃起していた」と言う。これは女性の私にはわかりかねる現象であるが、そのとき夫は確かにとても優しかった。私へ向ける眼差しが温かかったのを感じていた。

夫が一人暮らしをすることによって、一人暮らしの方がいいと思ってしまったら。私はそれを懸念している。この先私と一緒に暮らしていくために必要な過程なのだと夫は言う。そのためなのだと。
それなら、私は私で、受け容れなければならない。
ちょっと前の自分なら気落ちしていた気がしているが、冷静に考えて、落ち込む要素が今見つからないだろう。だって夫は私と暮らしていくために必要な感覚や経験を得ようとして、そのためにお金をかけるのだから。別宅はあくまで別宅で、こちらが本当の家だと言っているだから。
夫の愛情を確信できる今の状況と、そうでなかった昨年秋から先月までの状況をくらべたら、愛情を確信できる今のほうがうんと素晴らしい。私は魅力的な人間でいたい。夫に必要とされる人になるために、夫以外からも必要にされるのを目標に、自分を磨いていきたい。ポジティブに!