読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

穏やかな日

今日は穏やかな日だった。いや、まだ「今日」は終わっていないし、残りの数時間も油断などできないのだが。

起きて、夫に早めのバレンタイン・プレゼントを渡してから、夫と私は基本的に別行動していた。
私は夕飯の買い出し、脚本、ドラマ(「カルテット」の2〜3話を観たり)、ネットサーフィン。
夫は読書、部屋の片付け、昼寝、ジム。

ジムから夫が帰ってきてからは、一緒にすき焼きを食べた。テレビを観て笑ったり、夫が仕事で担当している皮膚病の話をしたり、すごく自然な空気で自然だった。何と表現したら良いのか、適切なものが見つからないが、あえていうなら半身浴をするくらいのお湯の温度、とでもいうのだろうか。熱々じゃなくて、ほどほどの温度で良い。刺激的ではないけれど、心地よい。
いつまでもアツアツで、ベタベタで、そんな夫婦で居たいと思っていた。部屋の中でもすれ違えばハグをして、言葉をかわすたびキスをして……そんなことを思っていた。実際に結婚前、同棲時代はそうだったのだ。だから、そうでなくなっていくなかで、私は不安ばかり抱えるようになっていた。「何でこうしてくれなくなったんだろう」、好きじゃなくなったからだ、と。

でもそうじゃないのだ。好きの形が変わっていくとでも言うのだろうか。いつまでもイチャイチャしているよりも、お互い居心地のいい存在で居られることの方が、私にとっては価値のあることに思えるようになった。きっと、夫もそう思っているだろう。私がそう気付くよりももっと前から、そう願って居ただろう。

今、夫と私はリビングにいる。夫はソファに横たわって、ゲームをしている。私はダイニングテーブルで、こうしてPCを開いている。少し離れて居ても、同じ部屋で、一緒に過ごしている。これでいいのだ。
明日から夫はまた出張である。一泊二日の予定だ。明日の夜は、ゆっくり脚本を書こうか。ひとつくらい課題を片付けたい。そうしたい。