読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

出張延長/自分の時間

昨日帰ってくる予定の夫は、昨日帰ってこなかった。
共有しているスケジュールアプリには、昨日までの予定となっていたのだが、変更があったことを更新していなかったらしい。

私は昨夜、会社の飲み会があり、帰宅が23時半を回っていた。夫がすでに帰っていると思っていた私は、夫の靴がない玄関を見て少し動揺してしまった。
出張中またいろいろひとりで考えた結果、実家に帰ったのではないかとか、飲みに行って私が寝た頃帰るつもりなのかとか(出張後にそれをやるくらいだから相当帰りたくないのだとか)、とにかくいつものように悪い方向へ考えたのである。
だが同時に、これはよくない、と何度も思ってブレーキをかけた。

まずはお風呂に入ろう。入って、ベッドにもぐってから、夫にLINEをした。「飲みに行ってるの? 先にねるね、気をつけてね」という内容だ。
夫からは、少し経ってから返信があった。「寝てたよ。このあと更に寝るよ」。
夫は寝ている。
ということは、飲みには行っていないのだ。私は、夫がどこで寝ているのかと考えた。やっぱり実家? いや……でも、それならそうと事前に連絡があるはずである。たぶん。電話にも出ないし、仕方ない。おおよそ、こんなところだろう。入力していた予定に変更があり、まだ出張中である、これだ。
私はなかば納得しきれないところもあったが、いったんそう理解して寝た。たぶん、これまでの私だったら無駄に悲しんで傷ついて泣いているにきまっているのだ。でも、それはしなかった。少しは成長したと言える。

今日こそ、夫は帰ってくる。と思う。
どんな表情で、どんな調子で夫が帰ってくるか、それを気がかりにしている自分もいる。まったくいないとは言えない。でも、普通にしていればいいのだ。それがいちばんなのだ。仕事をしてきた夫をねぎらって、休ませてあげる。これがいちばんなのだから。余計なことはしない。するくらいなら、私は私で楽しんでいる創作のことを考えよう。そして笑顔、笑いを心がけるのだ。

今夜、平和に過ごせますように。
出張から帰ってくる日というのは、やっぱり緊張する。