読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー新婚OLの記録

結婚生活、試行錯誤中。

今の、夫と私(2017/2/15追記 ※随時更新)

夫と私は、2016年の夏に結婚しました。 入籍より前、同月に式場を予約。2017年の夏に挙式予定でしたが、式の打ち合わせが始まりだすと同時に夫は苦しみ出してしまいました。以降、お互いに沢山ぶつかったり泣いたりしながら、こんがらがった糸を解く作業中。…

今日も昨日に引き続き充実度が高かった

充実度が、昨日に引き続き高い。 会社で時間を持て余さずに済んだ。程よく忙しいのが、自分は好きなのだと改めて思う。 少し残業をして、ジムへ。ジョギング30分、エアロバイク30分、腹筋20回。タオルが汗をたくさん吸っていた。汗をかくのが、すごく気持ち…

腹筋を鍛え始めようと思う

今日はいつもよりも充実していた気がする。会社で暇を持て余すことなく、ずっと仕事があったこと。同僚と会話が多かったこと。ジムに行ったこと。新しい服が似合っていたこと。 帰り道、コンビニに寄っていたとき、出張先の夫からLINEが来た。冗談を言い合っ…

月曜日

朝起きて朝食を食べ、洗濯を干し、昼食として焼き飯を準備する。昨日買ったばかりの、初めてのスカーチョを履き、髪型をアレンジして、遅刻せず会社に行く。ながら食べを極力やめて、カロリーを抑える。仕事帰りにジムに行き、30分ジョギングする。帰宅後は…

ジム

一昨日、ジムの契約をした。先々週から土曜日に区営のジムに行きだしたところ、とても気分が良いので、もっと運動したい気分になっていたからだ。ただ、区営のジムは家からも駅からも遠く、平日の仕事帰りに気軽に寄れる場所でないのと、更衣室やトイレが汚…

3回目の別宅宿泊から夫が帰ってきた

年度末のバタバタもひと段落したのだろう。夫が一昨日の夜よりもいささかスッキリした様子で帰ってきた。よかったよかった。ごはんも用意した一合ペロリと食べたし、よく喋るし、元気になってよかった。けれど、まだ会社支給のiPadを操作している時間がある…

別宅宿泊、3回目

3回目の別宅宿泊は、夫からの申し出によるものだった。抱えている案件で忙しい時期に加え、年度末というのも相俟って、とにかく忙しいようであった。前日の朝、「気分が落ち込んでいる」と言っていたのが引っかかっていたが、その私の嫌な予感は的中したので…

別宅生活・2泊目

今週の月曜、夫は2回目となる別宅での宿泊をした。土曜日に買ったテレビを持って行った。ニトリからテーブルが届くのもこの日の夜だったそうで、計画的な宿泊であった。しかし私は当日の朝まで知らなかったので、普通に炊飯器のセットをして家を出たのである…

はなれ

3月も残すところあとわずか。肌寒さを感じながらも、ウールのコートに抵抗を覚えて、昨日はスプリングコート、今日はブルゾンを羽織っている。図らずも夫のコートと私のブルゾンが同じカーキであった。朝はおそろいの色で出勤した。こんなことも、私にとって…

三連休初日/満腹の不快感

今日は三連休初日。朝起きて、食べたかったうどんを食べに出かける。これはよくあることなのだが、実際食べていると、これ以上はもういいとか、そこまで感動しないとか、とにかく来るまでの情熱は嘘のように失せてしまって、ただせっかく食べたくて来たのだ…

出張三日目

今週は、月曜から金曜まで夫が出張で不在である。先週末の仕事のミスをなんとなく引きずり、会社に行きたくない気分の私は、いつになくだらけている。その証拠に、月曜は欠勤、以降本日水曜日に至るまで遅刻続きである。体調不良を理由にしていたら、確かに…

何もしない日曜日/「干渉しない」ということ

今日は珍しく夫が先に起きた。正午ごろだった。 私はとりあえず化粧をし、夫のために昼食を用意した。目玉焼きと、トーストに、昨日の残りのサラダ。トマトを切ったもの。それだけだが、私にしては頑張って用意した。夫はどんなものでも「ありがとう」と食べ…

女友達と休日昼に遊んだ

大学時代のアルバイト仲間だった女友達と、銀座で遊んだ。集合は11:30、オーガニックランチが食べられるレストランで、だ。 私と友人は会うなり近況を語り合い、ひたすら食べた。結構ボリューミーな内容だったが、その後少しウインドウショッピングをしてす…

転職失敗/行動すること

昨日、転職希望の会社へ面接を受けに行った。その結果がさきほどメールで来て、不採用。残念だが、今いる会社にもそこまで不満がない。もちろん、今回受けた会社は憧れの会社で、書類が通って本当に嬉しかったが、まぁしょうがないかな、とそこまでショック…

「美味しいよ」

いつも通り、会社帰りに夕飯の支度のためスーパーに寄った。 献立は、電車のなかでクックパッドをみて、ざっくりと決めておいている。昨夜の残りの材料を生かすことを考え、まずナスのそぼろ丼は決まっていた。他、初挑戦の春巻き。揚げ物自体初めてなので失…

本音

私が夫の態度に明確な変化を感じ出してから、約半月が経った。一昨日の夜、ホルモンバランスの乱れからか、別宅暮らしが始まることの話題で泣き出してしまったことがあった。深夜2時までふたりとも起きていることとなったのだが、そのときも夫は私を咎めずに…

距離を取る

一昨日の夜、寝る前に夫が言った、「明日の夜はできるよ、次の日余裕があるから」という言葉。そう言って結局その夜もしたのだけれど、昨日も私は期待してしまって、繋いだ手を弄んでしまった。もちろんその動作で、私が期待していることを夫は察知する。そ…

自分の時間がやっぱり減ってしまう

夫とのことがうまくいきそうになってきて、私はやはり油断しだしたと言える。脚本の課題も一つも終わっていないし、明日締め切りの超短編も手すらつけていない。読書だってしていない。こんなんじゃ、元の木阿弥なのだ。気を引き締めて、自分のことをやる時…

甘いばかりではだめ

甘いばかりではだめ、ということだろう。 スイカに塩をふりかけることで甘さが引き立つように、きっと適度な塩分も必要なのだ。夫も「楽しかった」と言った旅行から一週間。旅行前は、旅行中に夫の気持ちが変わったらどうしよう、なんて思っていた。それから…

女友達と食事/SNSも楽しむ/夫からのLINE

昨日は、仕事終わりに女友達と会って食事をした。気楽に、チェーンのパスタ屋。これにサラダ、デザート、スープ、紅茶がつけば、おしゃべりするにはこれで充分。変な店に行くより良い。お互い特に変化ない日常を過ごしており、会話が大盛り上がりしたわけで…

おやすみのLINE

夫は、旅行の翌日から出張に出た。3泊4日。昨夜来たラインはいつもと違って、今日あったことの報告と、「君はどうだった?」という珍しい内容のものだった。 夫が結婚を受け容れられないと悩みだしたのは10月末。それ以来幾度となく出張があり、「おやすみラ…

旅行へ行ってきた/機嫌取りの手土産/「夫婦」

夫と2泊3日で旅行へ行って来た。お互いに有給を1日とって、週末に3連休をつくったのだ。 前回の旅行は、夏の終わり。行き先には私の親類が居て、まだ入籍ほやほやだった私達を祝福してくれた。あのころはまだ夫も結婚式を楽しみにしていた時期だったと本人…

別宅の目処が立っていた

夫は、別宅となる部屋を見つけてきていた。昨夜、ベッドに入ってから聞いた話だ。 夫が別宅を持つことについて、私が賛成したことで、夫は心が軽くなっているようだ。ひとり暮らしが楽しみな様子で、見つけた部屋の詳細と、カーテンの色について話していた。…

自分の世界を持ち続ける

今、慌ててPCを開き、文章を打ち込んでいる。さっきまで、夫のゲームを見て喋っていたが、ふと気づいた。「私は、脚本を書くのをやめたのか?」。一緒になってゲームをやっていてはいけない。ここは合わせるところではない。私は私で、自分のことをする。し…

油断しない

夫の様子が変わってきた。明らかに、だ。いいことなのだが、いつまたどうなるかわからない。これを喜んでしまったら、その瞬間にまた元通りになるような気がして、喜ばないようにしている。いや、喜んでないわけではないのだが、こちらの態度は変えないよう…

セカンドハウスの提案

夫がセカンドハウスを持ちたいと言い出した。私は賛成するしかなかった。なぜなら、もう夫はそれをやらなければ気が済まないだろうと思ったからだ。夫にそれを言うと、夫は「君は俺の理解者だな」「嬉しい」と言った。夫が言うには、こうだ。 今、仕事が忙し…

乾燥肌/やると決めたことをやる

突然だが、私は乾燥肌である。なのにここ数日、肌に良い食事もせず、手入れもせずにいた。 それを反省して、今日はしっかりと全身保湿をしたのだが、やってみると大変気分が良い。保湿の大切さを改めて感じているところである。土曜日、たまたま見つけた求人…

自由の意味/距離感

同僚にもらった醤油を生かした夕食にしよう、と朝話していたこともあり、当然夕食は家で食べるのだという認識がお互いにあった昨日。 夫はまた、連絡なしに帰ってきた。少し前であったら、帰ってきた夫に対して「おかえり。連絡なかったからまだ会社出てない…

発見

昨日、夫が出張から帰ってきた。 私の朝のラインに返事がなかったので、私は夫に連絡せずそのまま同僚と食事に出かけた。帰るよ、と連絡が来ると思って待っていたが、一向に来ない。しびれを切らした形で、帰り道に「これから帰るよ」とラインをした。 する…

穏やかな日

今日は穏やかな日だった。いや、まだ「今日」は終わっていないし、残りの数時間も油断などできないのだが。起きて、夫に早めのバレンタイン・プレゼントを渡してから、夫と私は基本的に別行動していた。 私は夕飯の買い出し、脚本、ドラマ(「カルテット」の…

日曜日

私はリビングで、夫は自室で、それぞれのことをして過ごしている。 夫が言っていた「一緒にいたい」という言葉を思い出しながら、さっき歯磨きをしていた。「同じ屋根の下にいれば、それは一緒にいるということ」とも言っていたことがあったな、とか。先日、…

私が変わってから、夫が初めて帰ってきた

「なんでできなかったんだろう?」とも、「すぐにできるものじゃない。できるようになってよかった」とも思う。 一人の時間を楽しむこと。私の人生を充実させようとすること。今回の夫の出張は、月曜から金曜まで。でも、飛行機が飛ばなかったから土曜まで伸…

かつての習い事の仲間と飲む

年明け、「家庭のことで相談したい」と連絡した相手は、かつてシナリオ学校に通っていたときの同期生だ。11歳上の既婚男性である。連絡したのは、正月休み最終日。夫が一人で漫画喫茶に出かけたときだった。夫が家に居たくなくてそうしていると思った。とに…

出張延長/自分の時間

昨日帰ってくる予定の夫は、昨日帰ってこなかった。 共有しているスケジュールアプリには、昨日までの予定となっていたのだが、変更があったことを更新していなかったらしい。私は昨夜、会社の飲み会があり、帰宅が23時半を回っていた。夫がすでに帰っている…

今週月曜日からのこと/私の変化

私は変わったと思う。この状態が維持できるかどうかは分からないが、変化する前の状態より、心が楽なのだ。楽なのだから、このままでいたほうがいいし、いるべきだろう。どう変わったかといえば、生活の中心から「夫」というものの位置がずれた。中心には、…

「やることがいっぱい」になった

表題の通り、である。●公募ガイドを見て、投稿したいと思ったものをリストアップした ●興味のある出版社の正社員募集があったので応募しようと思っている ●毎週末(月4本)、シナリオの課題をこなすこれだけで、結構な時間を費やすのである。 「やることがい…

手帳を買った

自分のやること、楽しいことだけを書くための手帳を買った。デザインは全く気に入っていない。でも、安くて、ちょこちょこっと書けるものであれば、割とどうでもいい。

自分の時間を充実させるという決心

これまでさんざん、「夫が~」、「夫は~」、などと書いたり考えたり喋ったりしてきた。 それをやめようと思う。 固執しないこと。これによって、自分を充実させること。これが一番の目的ではあるが、それによって副効用的に夫も楽になってくれそうな気がす…

今日も帰る

もう少しで終業時刻になる。当然だが、私は今日も家に帰る。 夫は、会社の人と飲みに行くことになっていると言っていた。だから夕食の支度は必要ない。帰ったらお義母さんに手紙を書こうか。夫への接し方について悩んでいたとき、相談に載ってくれたお義母さ…

今朝の夫

恋人に戻ったにもかかわらず、ブログ上では「夫」と表記することに矛盾を感じている。 だから考えなおしてみたが、私は将来的に、夫にとってのよい妻になりたいと思って今を過ごしているのだった。夫からすれば、重たい呼称なのだろうけれど、ブログ上ではこ…

今日の夫/結婚式場正式キャンセルの書面にサインをした

同棲中の夫は平均的に機嫌が良かった。また、同棲中は「本当に楽しかった」と言う。そんな同棲当時、夫はこんなことを言っていたのだ。「帰って美味しいごはんがあるっていいよね。それだけで帰るのが楽しみになるもんね」。 恋人に戻ってからと言うもの、私…

恋人に戻って3日目

今日で、夫と恋人に戻って3日目。うち、一晩は夫が出張で不在だった。 昨夜は、さほど変な感じはなかった。旅行の日程もホテルも決まった。今朝も沢山喋って笑ってくれた。今晩も、変わらずこの調子だと嬉しい。本当に、祈るような気持ちである。夫は、「ち…

夫の様子

夫は、心を開いていると自分の話をよくする。 でも、心を閉ざし気味の場合は、自分の話を隠す傾向がある。誰でも当てはまることかもしれないが、もともと私に対してはよく自分の話をしてくれていた。だから、誰にでもそうなのかと思っていたが、何かの折に訊…

「夫婦」から「恋人」になって初の宿泊帰り

夫が出張から帰って来る日は緊張する。夫が一人になって、ゆっくりものを考えることで、抱えている不安や疑問をさらに 深めて帰って来ることが多いからである。出張から帰って来る夫の顔には、出張の疲れだけでなく、精神的な不安定さが滲んでいることが大概…

夫とマリッジブルー/夫婦を休むことにしました

こんな記事を見て。 anond.hatelabo.jp *************** 夫と私は、知り合って4ヶ月で同棲し、それから3ヶ月後に入籍しました。「スピード結婚」の部類だと思います。なぜそうなったか。私が、当時彼氏だった夫に、結婚を急かしたからです。夫と出会う前、私…

夫が出張から帰ってきた

今、夫が5泊6日の出張から帰ってきた。 同棲中、結婚して1ヶ月後くらいまでは、こんなとき玄関まで走って出て、満面の笑みで出迎え、ハグとキスを要求していた。でも、今は、疲れているときにそういうのは辛いだろうと判断している。だから、「おかえりー! …

出張5日目

今日は有給をとった。昨日から実家に来ている。実家は久々である。昨夜、またよくない癖が出た。 いつも送りあう「おやすみLINE」を、夫から送ってほしくて、私からは送らずにいた。出張中は、付き合いの飲み会などに参加する夫よりも、私の寝る時間のほうが…

出張4日目の独り言

昨夜は、何度か目が覚めてしまい、朝までぐっすり眠れたわけではない。まだ夜のうちに目が覚めてしまうと、なんとなく寂しさを感じてしまうのでよくない。 朝起きて塩らーめんを食べ、半合炊いたごはんを半分だけスープに入れて食べた。半分でちょうどよかっ…

私がやっている(いた)、やめるべきこと

×「普通は」という思考・言動 「普通」というのは私の思い込み。夫をそこに当てはめようとするのは間違っているから。夫には夫の考え方、価値観があるので、それを尊重するべき× 夫がいない場所であっても、夫を邪険にすること 夫を大切に思っているのだから…

あとは寝るだけ状態

お風呂にて、乃南アサ「しゃぼん玉」を読む。初めて浴室にkindleを持ち込んだ。ちょうど50%のところまで読んだ。 浴槽を洗って、スキンケアをして、ベッド周りのカバーを取り替え、洗濯したところ。あとは洗面台とトイレの掃除をすれば、とりあえずひと段落…